京都次世代エネルギーシステム創造戦略
~二酸化炭素の回収再資源化とエネルギー問題の解決に向けて~

京都次世代エネルギーシステム創造戦略とは

京都地域の産学公金が設立した京都科学技術イノベーション推進協議会が文部科学省へ提案し、採択されたプログラムです。

構想

構想実現のための戦略

京都の強みである世界最先端の研究を行う大学とオンリーワン技術をもつ企業の集積を生かし、世界最高水準の英知と技術を融合させ、基礎研究から事業化まで一貫してつなげるプラットフォームを構築し、国内外から研究者、企業が集まり(「研究者の集積」)、科学技術の活用により継続的に切れ目なくイノベーションを創出する地域を目指していきます。

研究テーマとしては、排出された二酸化炭素を原料として新規燃料を製造し、電力の貯蔵を化学的に行う「エネルギーを蓄える」システム、水素発生剤や触媒などの燃料電池のキーとなる材料を開発して「エネルギーを創る」システム、省力化して半導体パワー素子でDC(直流)をAC(交流)に変える「エネルギーをうまく使う」システムの研究開発を進めていきます。

基礎研究から事業化・社会実装へとつなげていく取組をより一層加速させるため、コーディネータの有機的な連携と機能の高度化を図るとともに、それぞれの活動を横断するような新たなコーディネートの仕組みである「知のネットワーク」を構築し、あわせて個々の更なる能力向上を図るための「人材育成プログラムの開発と実施」を展開していきます。

activities01
地域イノベーション戦略推進部
〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134番地
公益財団法人 京都高度技術研究所 6階
TEL 075-315-6603 FAX 075-315-3695

京都科学技術イノベーション推進協議会 Regional Scientific Innovation Hub,KYOTO(ReSIK.jp)

Copyright © 2017 ASTEM.All Rights Reserved.