人材育成プログラムの開発

img_008

事業背景

京都ではこれまで、産学連携の取組推進におけるコーディネータの役割を重視し、その育成に取り組んできました。その中で、コーディネータの活動が個人の知識や経験に依存するところが大きいながらも業務が非常に多岐にわたること、また所属組織が異なるため活動に制限があり、コーディネータ全体のポテンシャルが最大限に発揮されておらず、イノベーション創出へは限界があることが分かりました。

また、市場ニーズと技術ニーズのマッチングにおいては各機関に配置されたコーディネータによって成功率は上がったものの、その後商品化/事業化まで至った件数は少ないことが分かりました。

そこで、今後は従来の繋ぐ(マッチング)役割だけでなく、創りあげる(事業化)までをプロデュースする能力を持った人材が求められています。

事業構想

ビジョン
「事業化プロデューサーの育成を目指して」

ミッション
① コーディネータ個別の取組をつなぎ組織的なコーディネート体制を構築
② 研究成果を事業化するプロデュース能力の開発・研鑽

実現方法

人材育成のサイクル 人材育成カリキュラム
zinzai_curriculum zinzai_Cycle

平成28年度活動実績

①産学公連携の構造理解
「京都エリアの産学公連携の手引」の発行(平成29年3月)

③ネットワーク構築
-産学公連携コーディネータ研鑽会の実施
第1例会 (平成28年9月2日開催)
第2例会 (平成28年10月18日開催)
第3例会 (平成28年11月16日開催)
第4例会 (平成29年2月10日開催)

-産学公連携コーディネータ交流会の実施
第1回(平成28年6月2日開催)
第2回(平成28年9月30日開催)
▶第3回(平成29年3月28日開催)

 平成27年度活動実績

チラシ(PDF:950kB)

①産学公連携の構造理解
「産学公連携の手引(改訂版)」の発行(平成28年2月)

②研究・開発支援
事業化プロデューサー養成講座(平成28年3月29日)

③ネットワーク構築
-産学公連携コーディネータ研鑽会の実施
第1例会 (平成27年7月28日開催)
第2例会 (平成27年9月15日開催)
第3例会 (平成27年11月24日開催)
第4例会 (平成28年1月22日開催)

-産学公連携コーディネータ交流会の実施
第1回(平成27年5月19日開催)
第2回(平成27年11月4日開催)
第3回(平成28年1月27日開催)
第4回(平成28年3月14日開催)

④ビジネス展開
事業化プロデューサー養成講座(平成28年3月29日)

平成26年度活動実績

201509

チラシ(PDF:853kB)

①産学公連携の構造理解
「産学公連携の手引」の発行(平成27年3月)
「補助金・助成金情報(平成26年度実績)」のリスト制作・掲載

②研究・開発支援
知的財産・特許に係わる勉強会の実施(平成27年2月13日)

③ネットワーク構築
-産学公連携コーディネータ研鑽会の実施
第1例会(平成26年7月31日開催)
第2例会(平成26年9月16日開催)
第3例会(平成26年11月25日開催)
第4例会(平成27年1月20日開催)

-産学公連携コーディネータ交流会の実施
第1回(平成26年8月4日開催)
第2回(平成26年10月31日開催)
第3回(平成26年12月11日開催)
第4回(平成27年3月16日開催)

④ビジネス展開
ビジネスモデル構築講座の実施(平成26年11月14日)

平成25年度活動実績

・研究・開発支援
技術移転に係わる目利き人材育成研修プログラムの実施(平成25年12月19~20日)

・ネットワーク構築
イノベーションコーディネータ交流会の実施(平成26年2月13日)
産学公連携コーディネータ交流会の実施(平成26年3月24日)

保存

保存

保存

保存

地域イノベーション戦略推進部
〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134番地
公益財団法人 京都高度技術研究所 6階
TEL 075-315-6603 FAX 075-315-3695

京都科学技術イノベーション推進協議会 Regional Scientific Innovation Hub,KYOTO(ReSIK.jp)

Copyright © 2017 ASTEM.All Rights Reserved.