行事案内

第4回 「二酸化炭素を原料とした物質・エネルギー変換技術研究会」
~ エネルギーの地産地消化と京都が結ぶビジネスチャンス ~
開催のご案内
本件は終了しました

【開催趣旨】

京都次世代エネルギーシステム創造戦略は、循環型エネルギーシステムを核にしたエネルギーの地産地消化を目指しています。今回、4名の講師をお迎えし、離島におけるエネルギー政策や実証実験に焦点を当てた講演・パネルディスカッションを通して、自立的なエネルギー事業の推進に向け取り組むべき課題を深掘りし、ビジネスチャンスについて議論してまいります。

過去の研究会の開催趣旨につきましては、それぞれ下記アドレスをご参照ください。
第1回:http://www.resik.jp/newstopics/information/20150116.html
第2回:http://www.resik.jp/newstopics/information/2803.html
第3回:http://www.resik.jp/newstopics/information/20151202.html

【開催概要】

項目 詳細
日  時 2016年10月25日(火)
講 演 会 13:30 ~ 17:30
名刺交換会 17:45 ~ 18:45
場  所 京都リサーチパーク1号館 4F サイエンスホール ※ 地図は こちら から
    (KRP東地区 : 京都市下京区中堂寺南町134番地)
内  容
  • 13:30 ~ 13:40
    【主旨説明】 公益財団法人京都高度技術研究所
  • 13:40 ~ 14:20
    【講演①】 「ドイツにおける地域エネルギー事業の仕組みと日本への適用」
    ドイツの地域エネルギー会社(シュタットベルケ)の仕組みと地域経済への波及効果、とっとり市民電力と山形県最上町熱供給事業について解説する。
    株式会社日本総合研究所 創発戦略センター
    シニアマネジャー 瀧口 信一郎 氏
  • 14:20 ~ 15:00
    【講演②】 「再生可能エネルギー事業の課題と将来への普及に向けて」
    我が国のエネルギー政策、再生可能エネルギーが直面する課題と解決に必要な事について整理し、再生可能エネルギー事業が地域活性化に波及する効果について解説する。
    株式会社レノバ 新エネルギー事業部
    企画担当部長 加藤 健太郎 氏
  • 15:00 ~ 15:10 休  憩
  • 15:10 ~ 15:50
    【講演③】 「水素電力貯蔵システムにおける国内離島サプライチェーンモデル」
    再生可能エネルギーから水の電気分解により水素を製造するPower to Gas技術を使った離島サプライチェーン、および将来の大量な再生エネルギー導入想定時の経済性と競合力について解説する。
    一般財団法人エネルギー総合工学研究所 プロジェクト試験研究部 水素グループ
    主任研究員 相澤 芳弘 氏
  • 15:50 ~ 16:00 休  憩
  • 16:00 ~ 17:30
    【パネルディスカッション】 「自立的なエネルギー事業を構築するには、何が必要か?」
    1)「宮古島市におけるエネルギー政策と再生可能エネルギーの取り組みについて」
    宮古島市役所 企画政策部 エコアイランド推進課 エコアイランド推進係
    係長 三上 暁 氏
    2)水素電力貯蔵システムの導入は宮古島にメリットをもたらすのか、エネルギー政策面、技術開発面、ビジネスモデル面でどの様な課題があるかを深堀し、ビジネスチャンスについて議論する。
    パネリスト : 日本総合研究所 瀧口氏、 レノバ 加藤氏、
            エネルギー総合工学研究所 相澤氏、 宮古島市役所 三上氏
  • 17:30  【クロージング】
  • 17:45 ~ 18:45    名刺交換会 
    (会場: 京都高度技術研究所 10F (講演会場に隣接))
定  員 100名(先着順)
申込締切 2016年10月21日(金)
参 加 費 無料(名刺交換会参加費:1,000円)
主  催 公益財団法人京都高度技術研究所

※ご登録いただきましたメールアドレスに「登録完了メール」を送信します。
当日、このメールを印刷の上、会場受付までご持参ください。

お問い合わせ

公益財団法人 京都高度技術研究所 産学公連携事業本部
地域イノベーション戦略推進部 担当 : 大西
TEL : 075-315-6603
FAX : 075-315-3695  
E-mail : kenkyukai-innov@astem.or.jp

※参加定員に達しましたので、募集を終了しました。

申込フォーム

〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134番地
公益財団法人 京都高度技術研究所
TEL 075-315-3625 FAX 075-315-3614

京都科学技術イノベーション推進協議会 Regional Scientific Innovation Hub,KYOTO(ReSIK.jp)

Copyright © 2019 ASTEM.All Rights Reserved.